ウォーターサーバー

ウォーターサーバーのボトルの種類にはどんなものがある?

更新日:

ウォーターサーバーを選ぶ際にチェックしておきたいのがボトルの種類です。

使用するボトルによってメリットやデメリットが異なるので、それらを踏まえた上でウォーターサーバーを選びたいところです。

では、ウォーターサーバーのボトルにはどのようなものがあるのでしょう?

ウォーターサーバーのボトルの種類

ウォーターサーバーのボトルの種類

ワンウェイボトル方式

1回で使い切りのボトルです。

ペットボトルと同じように空になったら潰して捨てます。

ワンウエイボトルの中にも種類があり、やわらかい材質で水が減ると共に潰れていくもの、ペットボトルになっているもの、ビニール系のパックを使っているものなどがあります。

ワンウエイボトルのメリット

  • 毎回新品のボトルを使用するので清潔感がある。
  • 使い終わったボトルは捨てればいいので置き場所に困らない。
  • わざわざ返却する必要がない。

ワンウエイボトルのデメリット

  • 何回も使えるリターナブルボトルに比べると値段がやや高い傾向にある。
  • ボトルが入っているダンボールも自分で処理する必要がある。
  • ゴミ回収の時期まで空ボトルがたまってしまう。

リターナブルボトル方式

リターナブルボトル方式では、空になった容器を回収して、洗浄してから再び使うことになります。

リターナブルボトルは洗浄して再利用するのでとってもエコです。ただし、回収するまで空きボトルを保管しておくスペースが必要です。

リターナブルボトルのメリット

  • 環境に優しい。
  • ゴミが出ない。
  • 再配達が不要。

リターナブルボトルのデメリット

  • ボトルを返却する必要がある。
  • 空いたボトルを保管しておかなければならない。



ボトルの設置や回収がわずらわしい場合は

ダイオーズの楽水ウォーターサーバー

ワンウエイボトルとリターナブルボトル、どちらにも一長一短があるため、何を重視するかで選ぶものが変わってきます。

また、最近ではウォーターサーバーの機能を備えた浄水器も出ています。

たとえば、ダイオーズの楽水ウォーターサーバーは水道直結タイプのため、ウォーターサーバーのようなボトル交換が必要がありません。

それでいて、ウォーターサーバーのようにいつでも温水と冷水を使うことができます。

しかも楽水ウォーターサーバーは月額定額制のため、残量を気にすることなく自由に使うことができます。

水道水を浄水させておいしいお水をつくる![楽水ウォーターサーバー]

-ウォーターサーバー

Copyright© 楽水ウォーターサーバーの口コミまとめ , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.