水に関する知識

美容のためには水分を摂るのが大切って本当?

更新日:

美容や健康にとって水が大事

健康のために小まめな水分補給が大切というのは多くの方がご存知だと思います。

タレントさんやモデルさんなどでも毎日お水を飲んでいるという人は多いですよね。

毎日しっかりお水を飲むことは健康だけではなく、美容にとっても役立つんです。

身体の水分は年齢によって変わります

一般的にヒトの身体の60%は水分といわれています。

この5%が失われると脱水症状や熱中症といった症状を引き起こし、さらに10%が失われると筋肉が痙攣したり、循環不全になってしまったりします。これが20%を越えると生命に危険が及ぶほど、人間にとって水は欠かせないものなんです。

実はこの水分量は年齢によっても変わっていきます。

たとえば胎児だと90%、新生児は75%、子供が70%、成人は60~65%、高齢者になるとだいたい50~55%ほどまで減っていきます。

体内の水分が少ないほど、細胞の劣化が早くなってしまうので、適度に水分を補充することは健康と美容の上でもとても重要なんです。

同じ水分でも種類が違います

体内の水分は大きく分けると、細胞内液と細胞外液の2種類です。

そのうち、細胞内液が体内水分の3分の2を占めています。

細胞外液とは、たとえば体内を循環している血液やリンパ液などで、これらはお肌の細胞に酸素や栄養を届けたり、老廃物の排出をサポートしたりと、身体にとって好影響となるさまざまな効果があります。

そのため、これらの量が不足してしまうと、体内の循環が上手くいかなくなってしまい、さまざま部位にトラブルが生じ、健康にも悪影響になってしまいます。

このように水分が健康に与える影響はとても大きいです。

肌に含まれる水分について

加齢により肌の水分保持力は低下してしまいます。

一般的に健康な肌の表皮の角質層には20~30%の水分が含まれているのですが、この量が少なくなると乾燥肌や肌荒れにつながってしまいます。

よく化粧品などでも保湿が大事といいますが、年齢によって失われてしまう水分を補給するには外側と内側の両方から取り組むことが大切なんですね。

体内から水分を補給することで血液循環を促し、潤いをキープすることが美容にとっても非常に大事だということがわかってもらえたでしょうか。

水分量は年齢とともに減ってしまいます。

そこで十分な水分を補うことで、若々しい肌の維持にもつながるんですね。


運動しなくても水分は失われていきます

特に運動などをしなくても、人間は1日に1リットル近くの水分を失います。

さらに尿によっても水分が1.5リットルほど排出されるので、毎日2.5リットル前後の水を失ってしまうことになります。

もちろん食べ物の中にも水分は含まれているので、食事をしていればある程度水分は補われるのですが、それだけでは不十分な場合もあります。

そのため、直接水を飲むことで十分な水分を補いたいです。

美容や健康のためにもキレイな水を飲みましょう

小まめな水分補給は健康だけでなく、美容にも大いに役立ちます。

せっかく飲むんだったら健康にとってさらに役立つようなお水を飲みたいですよね。

そうなると水道水をそのまま飲むというのは抵抗があると思います。

私のオススメは浄水器ですね。

最近は楽水ウォーターサーバーという浄水器を家庭に導入したのですが、ウォーターサーバーのように温水も使えるので、とっても便利ですよ。

今なら無料体験も行っているので、ぜひ試してみてください。

毎日しっかり水分補給して健康で美しい肌でいたいものですね。

水道水を浄水させておいしいお水をつくる![楽水ウォーターサーバー]

-水に関する知識

Copyright© 楽水ウォーターサーバーの口コミまとめ , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.