水に関する知識

水道水がおいしくないと感じるのはなぜ?

投稿日:

普段から水道の水をそのまま飲むという人は少数派だと思います。

だいたいの人は浄水器を通したり、ミネラルウォーターを購入したり、ウォーターサーバーを利用したりしているのではないでしょうか。

水道水を飲まない理由はいろいろあると思いますが、その中の1つが「おいしくない」でしょう。わざわざまずいものを飲みたいとは思いませんよね。

では、どうして水道水がマズく感じるのでしょう?

水道水には塩素が残っているから

水道水がおいしくないと感じる大きな理由は、消毒に使われた塩素が残っているからです。

塩素は水に含まれている雑菌を消毒するために使われています。そのため、安全性を求めるにはなくてはならないものです。

けれども、こうして水道水に残った残留塩素が、水の味を落としてしまうのも事実です。また、水を飲むときのカルキ臭が気になることも多いです。

水道法施行規則によって、1リットルあたりの塩素の濃度は決められており、飲んで害になるということはありません。

安全を守るためには必要な塩素ですが、味を求める上ではちょっと厄介な存在というわけですね。

貯水槽が清潔に保たれていない

楽水ウォーターサーバーのメリット

マンションやアパートといった集合住宅では貯水槽が使われています。

この貯水槽が清潔に保たれていないと、水道水の味やニオイに大きな影響を与えてしまいます。

貯水槽には水道水が一時的に貯められています。このおかげで、すべての部屋に安定して水が供給できるわけです。

しかし、掃除をあまりしていなかったり、内側がさびてしまったり、亀裂が入っていたりすると、水をきれいに保つことができません。亀裂から光が入り、そこから藻が生えているケースもあります。

もちろん貯水槽はきれいにしておく義務があります。

貯水槽の衛生に保つのは、施設の責任となります。そのため、もし自分が住んでいるところの貯水槽が心配な場合は、管理人に尋ねてみるのがお勧めです。

配水管が老朽化している

給水管の法令耐用年数は40年といわれています。

それを過ぎると腐食により、漏水が起こってしまいます。また、腐食してしまうと錆びなども水に溶け出してしまうため、水の味も落ちてしまいます。

1980年代後半まで、日本では鉛製の給水管が使用されていました。鉛製の水道管は鉛が溶け出してしまうため、水が汚染されてしまいます。

このようにいくら水自体がキレイでも、それを運ぶ水道管が老朽化していると、水の品質が落ちてしまうという問題があります。

そのまま飲むのは危険?水道水の危険性について

安全な水を飲むならば楽水ウォーターサーバーがオススメ

楽水ウォーターサーバーのまとめ

普段からおいしい水を飲みたいならば、やはり浄水器を使うのがオススメです。

最近では定額制の浄水器機能をもったウォーターサーバーも出てきて、飲み水としてはもちろん、料理にもキレイな水を使うことができます。ウォーターサーバーだといつでも温水が使えるので、コーヒーやお茶をよく飲む人にもオススメです。

中でもオススメは、楽水ウォーターサーバーです。

月々2980円で使い放題の上、フィルターの交換は無料で行ってくれます。水道直結型のため、わざわざボトルを交換する手間も省けます。

これからウォーターサーバーを導入しようと考えている方は、ぜひ参考にしてみてください。

給水は自動で手間いらず!飲み放題使い放題![楽水ウォーターサーバー]

-水に関する知識

Copyright© 楽水ウォーターサーバーの口コミまとめ , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.