水に関する知識

スーパーでもらえる無料の水ってどんな水?

投稿日:

大型のスーパーでは、無料で水がもらえるところがあります。

専用の機械があり、ボトルさえ購入すれば毎日無料でもらえるもので、見たことがある人も多いと思います。

ああいった水はどういった性質の水なんでしょう?
本当に飲んでも大丈夫なのでしょうか?

そこで、スーパーの水について詳しく調べてみました。


スーパーで無料でもらえる水の正体

最初に結論から述べると、スーパーでもらえる水はRO水です。

ROとはReverse Osmosisの略で、日本語に直すと逆浸透膜となります。

RO水とは、限りなく純水に近い水のことで、超微細孔フィルターで濾過することで、余分なものをすべて除去してくれます。

キレイな水なので、もちろん飲んでも何も問題はありません

どうして無料で配布しているの?

では、気になるのがどうしてそういった水を無料であげているかです。

当然、無料であげているため、水自体には利益はありません。

その代わり、水をもらいにくるついでに買い物する人が出てくるので、集客効果を狙って、無料であげているわけですね。

買い物は強制ではないため、水だけタダでもらってそのまま買えることもできますが、「これだけでタダでもらうのは何か悪いな……」と考えて、買い物していく人がほとんどです。

こうして買い物してもらうことで利益を得ているわけです。

専用ボトルを用意している理由

宅配水型ウォーターサーバー

水なのだから、どんな入れ物でもよさそうなものですが、もらうためには専用のボトルを購入する必要があります。

専用ボトルを買うと、「せっかく買ったんだから使わなきゃ」という意識が働くため、スーパーに足を運びやすくなります。

そのため、こういったスーパーの水は専用の容器でないと給水できないようになっています。

もちろん、ボトル自体を販売することで得られる利益もありますね。

RO水が使われる理由

では、さまざまな種類の水がある中で、どうしてRO水が使われているのでしょう?

理由はRO水の原価が安いからです。

RO水はフィルターを通すことで簡単に作ることができます。そのため、ミネラルウォーターのようにわざわざ現地から持ってくる必要がなく、水道水を使って簡単に作ることができます。

ベースが水道水なので、かなりコストを抑えることができます。


スーパーの水のメリットとデメリット

スーパーでもらえる水には以下のようなメリットとデメリットが考えられます。

メリット:無料

やはりタダというのはうれしいですよね。

飲み水はもちろん料理などに使うのもいいです。万が一、時間が経ってしまっても、水なので捨てることにそれほど抵抗もありません。

わざわざ浄水器やウォーターサーバーを導入する必要もありません。

メリット:安心

RO水を作る際に不純物が徹底的に取り除かれるため、安心して飲むことができます。水道水をそのまま飲むよりは安心感がありますね。

そのまま飲むのは危険?水道水の危険性について

デメリット:保存期間が短い

RO水は塩素などの殺菌成分も取り除かれているため、保存期間はかなり短くなります。しっかり冷蔵庫に保管したとしても、2~3日で使い切ってしまうのがオススメです。

ペットボトルの水などと違い、真空パックにされているわけではないため、保存期間はかなり短いです。

デメリット:味

RO水はミネラルなども徹底的に取り除いてしまうため、味気ないと感じることが多いです。

いわゆるミネラルウォーターは、その名の通り、さまざまなミネラルが入っていることで、いろいろな味がするようになっています。

RO水はフィルターを通すことで、不純物だけでなく、そういったミネラルまでも取り除いてしまうため、味にこだわる人にはオススメできません。

利便性を考えるならばウォーターサーバーがオススメ

楽水ウォーターサーバー

毎回、買い物にプラスして何リットルもの水を運ぶのは、なかなか大変です。

そこでオススメなのが次世代型ウォーターサーバーと呼ばれる新しいタイプのウォーターサーバーです。

たとえば、楽水ウォーターサーバーだと水道に直結することができるため、わざわざ重いボトルを運ぶ手間がありません。しかも、月額定額制なので、飲み水だけでなく、お料理などにも使うことができます。

これからウォーターサーバーの導入を考えている人にオススメです。

浄水フィルターはレンタル期間中ずっと無料!水道直結の「楽水ウォーターサーバー」

-水に関する知識

Copyright© 楽水ウォーターサーバーの口コミまとめ , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.