ウォーターサーバー

ウォーターサーバーが無料でレンタルできる理由はなぜ?

投稿日:

ウォーターサーバーの料金について調べてみると、サーバーのレンタル料金が無料というものも少なくありません。

できるだけ安く利用したい場合は、こういった無料のウォーターサーバーがうれしいですよね。

レンタル料が有料のウォーターサーバーもある中で、どうして無料で借りることができるのでしょう?

ここでは無料でウォーターサーバーがレンタルできる理由について詳しく解説していきます。


サーバーが無料ならどこからお金を取る?

メーカー側もボランティアではないため、どこかで利益をあげる必要があります。

そのため、たとえサーバーのレンタル料金が無料であっても、他から収益をあげることができるということになります。

一般的にレンタル料が無料のウォーターサーバーは水代にレンタル料金が含まれています

そのため、サーバーは無料で済んでいるわけですね。

そうすることによって「無料」ということを強くアピールできるため、消費者側に訴えることができるわけです。

もちろんレンタル料金がかかるものも

ウォーターサーバー自体は無料でレンタルできることが多いですが、中にはしっかりレンタル料がかかるものもあります。

こうした有料のウォーターサーバーは、さまざまな機能を搭載していたり、デザインがオシャレだったりと、サーバー自体に付加価値がついている場合が多いです。

そこまで機能や見た目にこだわらない、といった場合は、レンタル料金が無料のウォーターサーバーを選んでしまって問題ありません。


サーバーのレンタル料金以外にかかるお金

ウォーターサーバーはレンタル料金以外にも、さまざまなところにお金が発生します。

水代

月額料金の大部分は水代です。

サーバーのレンタル料金もこの中に含まれているため、ウォーターサーバー導入の際は、ここをよくチェックしておく必要があります。

一般的には10リットルの2本セットで2,500円くらいが相場です。

1Lあたり125円くらいになります。

もちろんこの値段もメーカーによって変わってくるため、しっかり確認しておきましょう。

電気代

ウォーターサーバーはコンセントにつなげて使うため、毎月の電気代もかかります。

電気代もウォーターサーバーによって差があり、だいたい300円から1000円くらいが毎月かかります。

電気代を抑えたい場合には、省エネ機能がついたウォーターサーバーがオススメです。

省エネ機能がついていると、使っていない時間帯にお湯の温度を下げることで、電気代を下げることができます。

電気代は意外と見落としがちなポイントですが、長く使うことを考えると馬鹿にならないので、必ずチェックしておきましょう。

解約金

ウォーターサーバーは携帯電話と同じように途中で解約しようとすると解約金がかかります。

利用期間はだいたい1~2年といったものが多いです。

解約金は20000円が相場です。

仕事の関係などで、引っ越しする機会がよくある人は、この辺りもよく確認しておきましょう。

オススメは定額のウォーターサーバー

楽水ウォーターサーバー

さまざまな料金を踏まえた上でオススメなのが、楽水ウォーターサーバーです。

楽水ウォーターサーバーは水道直結型のウォーターサーバーで、わざわざ重いボトルを交換する必要がありません。また、月額定額制のため、飲み水だけでなく、料理にもどんどんキレイな水を使うことができます。

これからウォーターサーバーの導入を考えている方は、ぜひチェックしてみてください。

給水は自動で手間いらず!飲み放題使い放題![楽水ウォーターサーバー]

-ウォーターサーバー

Copyright© 楽水ウォーターサーバーの口コミまとめ , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.