ウォーターサーバー

ウォーターサーバーのお湯は何度くらいある?便利な使い方を紹介

投稿日:

ウォーターサーバーは冷たい水だけではなく、温水を使える機種がほとんどです。

では、ウォーターサーバーから出るお湯の温度は何度くらいなのでしょう?

ここではウォーターサーバーの温水の温度と、温水の便利な使い方について紹介していきます。


ウォーターサーバーのお湯は何度?

メーカーによって多少上下はありますが、ウォーターサーバーの温水は80度~90度であるのが一般的です。

それに対して冷水の方は、だいたい5度~10度となっています。

80度~90度というのは、お茶やコーヒーを飲むときに湯沸かし器などで湧かす温度のため、さまざまなことに活用可能です。

カップ麺を食べるのにもちょうどいい温度です。

技術的にはもちろん100度近くにすることも可能ですが、そうすると電気代が跳ね上がってしまいます。タンク内を沸騰状態に保とうとすると、現状の3倍ものの電気代がかかる計算になるため、80度~90度といった温度に設定されています。

メーカーや機種ごとの温度比較

機種名 温度
ワンウェイウォーター Smart 80~90度
コスモウォーター スマートプラス 80~90度
アクアクララ アクアウィズ 85~95度
省エネモード:70~75度
フレシャス Slat 80~85度
省エネモード:70~75度
プレミアムウォーター スリムサーバーⅢ 85度
アルピナウォーター スタンダード 85度

ウォーターサーバーはどうやってお湯を作っている?

ウォーターサーバーのお湯の作り方は機種によって異なります。

だいたい大きく分けて2通りのやり方があります。

タンク表面のバンドで加熱

お水を入れているタンクの表面にあるバンドが熱を持ち、それによって加熱を行います。

金属で加熱しているわけではないため、金属劣化による鉄分の混入などを避けることができます。

タンク内部の金属で加熱

温水タンクの中にある金属の棒が熱を持って、お水を温めます。

金属の棒に電気を流すことで、電気ポットと同じように温水を作ります。


ウォーターサーバーの温水の活用例

コーヒー

では、ウォーターサーバーの温水を使うと、どのようなことができるのでしょうか。

コーヒー

コーヒーを飲むのに最適な温度は70度前後と言われています。

コーヒーカップの中にインスタントコーヒーを入れ、そこからウォーターサーバーの温水を入れるとちょうど70度前後になるため、おいしくコーヒーを飲むことができます。もちろんお湯を沸かす手間もかかりません。

ただし、ドリップしてコーヒーを淹れる場合は、90度以上が適温となるため、ウォーターサーバーの機種によっては温度が若干足りなくなってしまいます。

コーヒーを頻繁に飲むという人は、必ず温水の温度も確認しておきましょう。

赤ちゃん用のミルク

赤ちゃん用のミルクを入れるのにも80~90度が適温となります。

このくらいの温度だと雑菌が繁殖する心配がなく、なおかつ粉ミルクに含まれている栄養分を壊す恐れもありません。

一度ミルクを入れてから、人肌まで温度を冷まして、赤ちゃんに飲ませるようにしましょう。

ミルクを入れる際、氷や水を入れて冷ますと、そこから雑菌が入ってしまう恐れがあるため、気をつけましょう。

冷水だけでなく温水も便利なウォーターサーバー

ウォーターサーバーだとお湯を沸騰させる手間なく、いつでもお湯が使えるため、とても便利です。

特に赤ちゃんがいるご家庭だと、頻繁にミルクを作る機会があると思いますが、ウォーターサーバーがあることで、すぐに赤ちゃんにミルクをあげることができます。

ウォーターサーバーというと、ボトルを交換するのが大変というイメージがありますが、最近では水道に直結するタイプのウォーターサーバーも増えているため、さらに便利に使うことができます。

楽水ウォーターサーバーだと、月額定額制で使い放題なので、これからウォーターサーバーの導入を考えている人におすすめです。

 

-ウォーターサーバー

Copyright© 楽水ウォーターサーバーの口コミまとめ , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.