水に関する知識

料理に使うのは水道水?浄水器の水?ミネラルウォーター?

更新日:

水道水を浄水させておいしいお水をつくる![楽水ウォーターサーバー]

水道水が料理に与える影響を考える

自宅で料理をするとき、水道水を使っている。

そういう人がほとんどではないでしょうか。

日本国内の水は衛生的で、そのまま飲むことができるので、料理に使ってももちろん問題ありません。

ただ、できればおいしく作りたいと考えると、水道水で料理を作ることのデメリットにも知っておきたいところです。

水道水でお米を炊くと

お米は最初に水を吸わせるので、どういった水を使うかで味が左右されやすいです。

まず、お米を洗うとき、米は一気に水を吸収します。もともと米は乾燥した状態で保存されているので、水を与えると、一気にそれを吸ってしまうんですよね。

つまり、お米を炊く上で注意したいのは洗米のときです。

ついつい、炊飯時にキレイな水を使ってしまいがちですが、水が吸われることを考えると、洗米のときにこそキレイな水をつかうべきなんですね。

あとからミネラルウォーターでお米を炊いたとしても、すでに水道水を吸ってしまうため、カルキ臭さが取れていなかったりします。

そのため、ご飯をおいしく炊きたいときは、洗米のときからキレイな水を使うようにしましょう。

水道水でコーヒーを入れると

コーヒーは他の飲み物と比べて、香りを楽しむ飲み物です。

そのため、コーヒーを入れる水がカルキ臭いと、せっかくの風味が落ちてしまう恐れがあります。コーヒー自体は良い匂いなのに、カルキのニオイで台無しにしてしまうのはもったいないですよね。

コーヒーに適している水は、ミネラル分の少ない軟水です。

または浄水器を通した不純物が少ない浄水も向いています。

コーヒーの香りを存分に楽しみたいという場合は、水道水ではなく、軟水のミネラルウォーターや浄水で入れてみましょう。

水道水で煮物を煮ると

煮物はどこの家庭でも作られる、日本を代表する家庭料理です。

もともと日本料理は味付けが繊細なため、ほんの少しでもバランスがくずれてしまうと、全体の味が大きく落ちてしまう可能性があります。

特に、薄味で煮物を作る場合は、水の影響を大きく受けてしまうため、水道水を使うのは避けた方がいいでしょう。

煮物を作るのに向いているのは軟水です。

硬水にはカルシウムやマグネシウムといったミネラルが多く含まれているため、アミノ酸と結合して、灰汁が出やすくなるといわれています。

さsらに軟水を使うことで、旨味のもとであるグルタミン酸やイノシン酸が溶け出しにくくなるので、本来の旨味を最大限に活かしてくれます。

料理に使うなら浄水器?ミネラルウォーター?

煮物などでそのまま飲むのならまだしも、お米を洗うのにミネラルウォーターを使うというのは抵抗がある人も多いと思います。

料理の水をすべてミネラルウォーターでまかなうというのも、あまり経済的ではないですよね。

そのため、料理に使うのには浄水器を通した浄水がオススメです。

特に風味が重要となる料理では、水道水と浄水で大きな差が出ることが多いですよ。

味をワンランクアップさせたいときは、ぜひ参考にしてみてください。

料理にも使える楽水ウォーターサーバーがオススメ

楽水ウォーターサーバーはダイオーズが販売している浄水器です。

ウォーターサーバーのように冷水や温水を使い分けることができるため、好きなときにお湯を使うことができます。

それでいながら高機能浄水器としての役割も果たしてくれるので、ウォーターサーバーと浄水器のハイブリッドとも言えます。

ダイオーズがオススメな理由は、料金が月額制ということです。

定額の月額制なので、料理にもどんどん使えちゃうんですよね。

ウォーターサーバーの水だと料理に使うのはちょっともったいないかも、と思ってしまいますが、浄水器からの水だったら存分に使うことができます。

普通のウォーターサーバーと違って、重いボトルを運んだり、空きボトルを保管しておくような必要もないので、とっても便利です。

実際に使ってみると、やっぱり水道水で作った料理とはひと味違いますね。

風味が重要な料理を作るときは、浄水器の使用がお勧めですよ。



-水に関する知識

Copyright© 楽水ウォーターサーバーの口コミまとめ , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.